神奈川県 / 相模原市南区

相模原どうぶつ医療センター/相模原どうぶつ夜間救急センター

TEL:042-757-2230/042-757-3166

そのほかの24時間対応動物病院
イオン動物医療センター 幕張新都心
  • 犬
  • 猫

相模原どうぶつ医療センターのブログはこちら

院長あいさつ

相模原どうぶつ医療センター/相模原どうぶつ夜間救急センター
センター長 椿 直哉
センター長 椿 直哉 相模原どうぶつ医療センターは、「動物と人間の共存社会の実現」を目指す動物病院として相模原市南区に設立されました。センターでは3つのコンセプトを掲げ地域に役立つセンター病院を目指してまいります。
1)担当医診療と夜間診療により動物たちと飼い主様に安心を提供します。
正しい知識と豊富な経験を有する担当医診療では、整形外科、画像診断科、歯科、眼科、産科・生殖器科、リハビリテーション科を運営しプラス・アルファの診断・治療を目指します。また、メディカルグルーミング&ステイでは、獣医師・看護師・トリマーがチームとなり、その子に合わせた高品質なサービス提供いたします。夜間診療では、町田夜間動物病院と地域獣医師会と連携し、地域の無診療時間をなくすため救急医療をご提供致します。
2)シニアペットのケアを24時間体制で行います。
高齢ペットのデイケアや短期・長期ステイを獣医師と動物看護師が協力して健康面の管理をサポート致します。
3)ティーチングホスピタルとして情報発信に努めます。
動物たちの命を守るため、飼い主様への情報提供や獣医師・動物看護師の育成に力を入れていきます。

私たち、相模原どうぶつ医療センタースタッフは、プロフェッショナルとしての自覚を持ち、動物たちのために全力を尽くします。しかし、動物たちの主治医は飼い主様です。是非動物たちの声を聞き、気持ちを理解していただき、普段と違うその声を私たちに教えて下さい。きっとお役に立てることがあります。

最新情報

  • 2016-05-24
    6月開催のセミナーのお知らせ

  • 2016-04-27
    2016年 5月度 獣医師勤務表

  • 2016-04-04
    2016年 4月度 獣医師勤務表

  • 2016-03-22
    4月開催のセミナーのお知らせ

  • 2016-03-03
    3月開催のセミナーのお知らせ

  • 2016-02-29
    2016年 3月度 獣医師勤務表

しつけ

子犬の時期のしつけがとても大切です。当院2Fドッグランエリアでは、アニマルプラザによるパピーパーティー、パピークラス、ジュニアクラスを行っております。

各種セミナー

2Fセミナールームでは、毎週土日を中心に「デンタルセミナー」「栄養管理セミナー」「自宅でできるグルーミングセミナー(実習)」など飼い主様向けのセミナーを開催しております。ご予約制ですので詳しくはセミナー予定表をご覧ください。

診療方針

1)総合診療科
 一般内科やフィラリア・ノミダニ予防、混合ワクチンや狂犬病など担当医診療以外のすべてをカバーします。特に仔犬仔猫の診療は、経験豊富な獣医師がおります。

2)整形外科
 骨折や膝蓋骨脱臼、前十字靭帯断裂をはじめ、椎間板ヘルニアの手術が実施可能です。CT検査による精度の高い画像診断と術後リハビリテーションにより、確定診断と早期回復に重点をおきます。

3)画像診断科
 一般的なレントゲン検査と高機能超音波検査装置による心臓超音波検査と腹部超音波検査により、動物の負担を最小限とした画像診断が可能です。CT検査では、レントゲン・超音波検査では把握できなかった病気に加えて、外科手術前の3D画像作成や病変部位の特定、歯科領域での活用をし、飼い主様へのわかりやすい説明を実現しています。
 画像診断顧問に日本獣医生命科学大学名誉教授・(株)ORMの織間博光先生を招聘し画像診断のアドバイスを頂戴しております。

4)歯科
 当院の歯科では、日本小動物歯科研究会レベル4実習を修了した獣医師が所属しており、一般の歯石や歯肉炎の治療相談のみならず、従来ならば歯折による抜歯を余儀なくされていたケースに「歯冠修復」を施すことが出来ます。また、歯科専用レントゲン装置により歯根部も含めた正しい評価を行っています。

5)眼科
 眼の病気は、比較的早期に見つかる病気でありますが、それを専門として診ることの出来る動物病院は少ないのが現状です。当院では、眼科専用の検査機器を揃え、的確な診断と治療を行っています。

6)リハビリテーション科
 当院1Fにはリハビリルームを備え、水中トレッドミルを導入してます。整形外科手術後のリハビリや、健康動物のダイエットにも効果的です。

7)産科・生殖器科
 何度交配してもうまく妊娠できない、発情の周期が不安定など、産科・生殖器科では周産期にまつわる体調管理や病態把握を行っています。日本獣医生命科学大学名誉教授・国際小動物医学研究所所長の筒井敏彦先生を顧問に招聘し、国内最高レベルの周産期治療を行っています。

スタッフ紹介