手術・設備紹介

わたしたちは手術に際し以下の6つの約束をします。

麻酔をかける場合はすべて術前検査を行い、体の状態を確認します。手術は術中麻酔管理士を入れて複数人体制で行います。手術の前、術中、術後の痛みの管理を徹底します。現時点で考えられる最良の縫合糸を選択しています。生体モニターを使用し、術中の体の状態を把握しています。手術記録(オペレコード)を作成し、体の状態管理をしています。

グループ全体の手術件数
約14,286件 (2014年度実績)
対応可能手術実績
不妊去勢手術、膀胱切開、胃腸管切開、吻合手術、各骨骨折、開胸手術、椎間板ヘルニア手術、門脈シャント手術、各種腫瘍切除術、膝蓋骨脱臼整復手術、その他軟部外科、整形外科各種

施設により即時対応可能な手術は異なりますが、特殊手術に関してはグループ内、外科手術専門獣医師による対応をすることにより患者様のご不便がないように対処しております。

機材および術前検査

当院手術においては術前検査の実施をすべての手術に行っております。血液検査はもとより、必要に応じて機器の選定を行いさらに精度の高い診断をするための医療機器を準備しております。ご不明な点、ご不安な点についてはご相談ください。
当院手術においては術前検査の実施をすべての手術に行っております。血液検査はもとより、必要に応じて機器の選定を行いさらに精度の高い診断をするための医療機器を準備しております。ご不明な点、ご不安な点についてはご相談ください。

設備紹介

※一部設備について、取り扱いのない病院がございます。取り扱いの有無に関しては各院へお問い合わせください。

  • シリンジポンプ

    シリンジポンプ
    微量の薬剤投与や輸血をする際に使用します。
  • 超音波スケーラー

    超音波スケーラー
    超音波の振動で、歯に付いた歯石などを除去します。
  • 診察台

    診察台
    この上で診療します。体重も同時に計測します。
  • 手術台

    手術台
    手術をするための台です。
  • デジタルレントゲン

    デジタルレントゲン
    レントゲン写真をデジタル化します。画像を自由に調整できる為、見たい部位を鮮明にする事が出来ます。
  • 生体モニター

    生体モニター
    麻酔中の動物の状態をモニターするために使用します。
  • 眼圧計

    眼圧計
    眼圧の検査をする機械です。
  • 内視鏡

    内視鏡
    いわゆる胃カメラです。異物除去や検査に使用します。おなかを切開することなく治療をする事ができます。
  • 超音波検査機

    超音波検査機
    超音波により内臓や血流を調べる機械です。
  • 全自動血球計算機

    全自動血球計算機
    赤血球や白血球の数を自動で数える機械です。
  • 生化学検査機器

    生化学検査機器
    血液中の成分を調べる機械です。内臓等の状態を調べることができます。
  • 心電計

    心電計
    心臓の検査に使用します。
  • 全身麻酔器

    全身麻酔器
    全身麻酔をかけるための機械です。
  • レントゲン装置

    レントゲン装置
    エックス線を用い、骨や内臓の検査をします。
  • 顕微鏡

    顕微鏡
    細胞や血液、便などさまざまな検査に用います。
  • 輸液ポンプ

    輸液ポンプ
    正確に点滴をするための機械です。
  • オートクレーブ

    オートクレーブ
    手術器具などを高温・高圧下で滅菌します。
  • 無影灯

    無影灯
    術野を照らすための特殊なライト
  • CT撮影

    CT撮影
    CT(Computed Tomography:コンピューター断層撮影)とは、X線を利用して動物の体の内部を画像化する検査です。画像処理を行うことにより、体の細かな情報を得られます。撮影の際は、動物に全身麻酔を施し、検査ベッドの上で寝ていてもらいます。検査時間は10~30分程度です(検査部位や目的によって時間は変わります。)また、血管や病巣をわかりやすくするため、造影剤を静脈内に投与し撮影を行うこともあります。読影診断、外科、内科治療まですべてをフォローできる体制を整えています。
  • オリンパス 超音波メス(ソノサージ)

    オリンパス 超音波メス(ソノサージ)
    超音波の振動で組織を凝固しながら切開が可能な装置
    電気熱を使用していないので組織へのダメージが少ない
    又、腹腔鏡の手術としても使用可能
  • スーパーシンク

    スーパーシンク
    給排水付の処置台
    水を使う治療等に利用可能
  • ICU装置

    ICU装置
    高濃度酸素治療室
    温度・湿度・酸素濃度の調節が可能
  • マイクロボーンソー

    マイクロボーンソー
    骨を切る器械(狭い術野の際や細かい作業に適してます)
  • ボーンソー

    ボーンソー
    骨を切る器械
  • ワイヤードライバー

    ワイヤードライバー
    骨に穴を開けたり骨にワイヤーを埋め込む器械
  • ラウンドバー

    ラウンドバー
    骨を削る器械

イオンペットの動物病院グループで行うことができる手術の一例

アテナ動物病院グループで行うことができる手術の一例

アテナ動物病院グループで行うことができる手術の一例

アテナ動物病院グループで行うことができる手術の一例

  • ・避妊手術、去勢手術
  • ・臍ヘルニア・鼠径ヘルニア・陰睾摘出術
  • ・胃切開、腸管切開、腸管吻合手術
  • ・胃・腸管腫瘍摘出手術
  • ・椎間板ヘルニア
  • ・会陰ヘルニア整復術
  • ・腹腔内陰睾切除術
  • ・心膜横隔膜ヘルニア整復術
  • ・皮膚腫瘍切除手術・皮膚形成外科手術
  • ・皮膚腫瘍観血的摘出手術
  • ・口腔外科
  • ・乳腺腫瘍摘出手術(両側・片側全切除 及び部分切除術)
  • ・膀胱腫瘍摘出手術
  • ・膀胱破裂整復術
  • ・脾臓摘出手術
  • ・犬-狼爪切除術
  • ・肝臓腫瘍 及び 胆管系腫瘍摘出手術
  • ・肺腫瘍摘出手術
  • ・睾丸腫瘍摘出手術
  • ・甲状腺腫瘍摘出手術
  • ・その他の腫瘤・腫瘍摘出手術
  • ・膝蓋骨脱臼(パテラ) 整復手術
  • ・各種骨折整復手術(プレート整復・創外固定術)
  • ・大腿骨頭切除手術
  • ・門脈シャント手術
  • ・子宮蓄膿症
  • ・子宮 及び 卵巣腫瘍摘出手術
  • ・眼球摘出・義眼装着術
  • ・唾液腺摘出術
  • ・肛門腺破裂処置
  • ・尿道カテーテル・食道チューブ設置術
  • ・鼻腔狭窄矯正術
  • ・眼瞼内反、外反整復術
  • ・膀胱結石除去手術
  • ・眼瞼内反、外反整復術
  • ・チェリーアイ整復術

その他手術についてもご相談ください。
当グループ、外科主任獣医師による回答をさせていただきます。
※各病院での診察時のご相談のみとさせて頂いております。
メール等でのお問い合わせはご遠慮ください。

当院手術においては術前検査の実施をすべての手術に行っております。
血液検査はもとより、必要に応じて機器の選定を行い、さらに精度の高い術前診断をするための医療機器を準備しております。

【2014年度実績】
手術・麻酔を施術する件数:約14,286件

ご不明な点、ご不安な点についてはご相談ください。